家を建てる費用相場

住まいづくりにかかる費用

住まいづくりにかかる費用

住まいづくりにかかる費用は大きく分けて三つに分類されます。
①本体工事
建物本体をつくるためにかかる費用
仮説、基礎、内外装仕上げ材、電気設備など
建材と工賃を合わせたもの
②別途工事費
本体工事を進める上で必要になる付帯工事費と、家具やカーテン、外構や造園など暮らしていく上で必要になる費用を合わせたもの
③諸費用
注文住宅取得やローンの手続きなどを行う上で掛かる、様々な支出のこと

総予算を100%とすると、
本体工事費が73%、別途工事費が17%、諸費用が10%
となります。
世の中でよく言われている坪単価というのは、本体工事費を延床面積で割った金額をさします。

例えば本体工事費が2000万円で、延床面積が40坪の場合、
2000万÷40坪=50万
(本体工事)÷(延床面積)=(坪単価)

別途工事費に含まれる費用について、説明しますと。
1解体工事費
2地質調査費
3地盤改良費
3冷暖房工事費
4ガス・給排水引き込み工事費
5冷暖房工事費
6照明器具
7カーテン
8置き家具
9外構
10造園などです

諸費用は、
1仮住まい家賃
2引越し費用
3歳時費
4設計監理費
5諸手続き
などが含まれています

家づくりでかかる費用を考える場合は、本体工事費・別途工事費・諸費用の全てを含めた総予算として考えて下さい。