家づくりの準備

いくらかかるか把握しなければ、家づくりは始まらない

いくらかかるか把握しなければ、家づくりは始まらない

家づくりにはどれくらいの費用が必要かご存じですか。
建物の金額は面積やこだわりによって様々ですが、注文住宅を建てる時は他にもたくさんの費用が必要となっております。
いざ、家づくりを進めると、建物費用以外にも随分かかることに驚かれるでしょう。
建物以外の費用を事前に把握しておくことにより、ゆとりを持った家づくりを進められます。
まずは大きく分けて6項目にわかれます。

①建物建築費用
A、建物本体費用→建物本体の金額をさします
B、付帯工事費用→上下水道、ガス工事、地盤補強工事、外構工事等
建物以外の付随する金額が含まれています

②土地取得費用→土地の購入からされる方に当てはまります
土地価格の他に仲介手数料、登記費用、ローン諸費用等
全体の金額を把握しておかないと不足が生じてしまいます。

③建築諸費用→確認申請、上下水道分担金など申請の時にかかる費用

④印紙税・登記費用→契約印紙代、建物登記費用、抵当権設定費用含む

⑤ローン諸費用→ローンの保証料、団体生命保険料、つなぎローン金利含みます。
ひとことでローンといっても、ローンを借りる為の諸費用が
幾つか入っていきます。

⑥その他の費用→家具・家電・引っ越し・火災保険料

①+②+③+④+⑤+⑥=家づくり総費用になってきます。
この中で、ひとつめの付帯工事費用、個々の土地や諸条件によって大きく変わってきます。
よってここのおおよその金額を知る事がゆとりを持った家づくりに繋がります。
プランづくりと合わせて、ゆとりのある資金計画を考てください。


おすすめコンテンツ