家づくりの準備

建築のプロが自宅を建てる時に重要視する事とは

建築のプロが自宅を建てる時に重要視する事とは

素人の方も当然プロと同じ建て方をしたいと思うのではないのでしょうか。

その方が値段も安くなりますし、品質も高くなります。

プロが家を建てる時には、気をつけることはまずどこで建てるかというとこではなくて誰が建てるかということなのです。

つまりどのメーカーが良いとか、そういうブランドを考えないということです。
そうではなく家というのは最終的に設計があって、職人さんがつくるものです。
良い設計があって、良い管理があって、良い職人さんに建ててもらう、ということがとても大事だということがいえます。

それはどこの会社で建てるということとはまったく次元が違う話しです。
つまり職人さんの腕が良くて、そして工期がきちんと長くて、責任感を持ってやってくれて、そして単価もきちんとその方に払われている。そしてそれをきちんと管理している。
そういう状況であれば多分良い家が建ちます。
そして手抜きもしないでしょう。

しかし腕が悪かったり、工期がなかったり、単価が安かったり、職人の質が悪かったり、そして常用の職人ではなく、たまたま来た職人だったり、そういう状況で家を建てることをプロは嫌がります。

なぜかというとそういう状況だと心配になってしまうからです。
ところが残念なんですが、素人の方はそれを見極めることが出来ません。
そして営業マンは「必ず一番腕の良い職人あなたの現場に入ります。」とか「管理はしっかりしているので全然問題ないです。」と言います。

でもそれを確認することはなかなか出来ない訳です。


おすすめコンテンツ