家づくりの準備

小さい工務店が倒産しないか調べる方法

小さい工務店が倒産しないか調べる方法

注文住宅を建てる際、小さい工務店を選ぶ方がいます。
小さい工務店なら親切で価格も安い、そして大工さんの腕もいいかもしれない。
様々なメリットが考えられます。

その反面将来的に安心できるのだろうか、倒産したらどうなるのだろう?と考えることもあります。
今日はこの点をご説明したいと思います。

確かに小さい工務店は安心な部分はありますが、そして価格の安い部分はありますが、リスクもあるということがいえるでしょう。
わたしたちも様々な工務店を知っていますが、一言で言うと玉石混交と言えます。
とても良い工務店もある半面、心配な工務店もあります。

しかし大事なことはどんな工務店、どんな注文住宅メーカーであっても、倒産することはあります。
ですので、その会社が倒産するかしないかではなく、建築中に倒産するのは困りますが、例えば建築してから何年か経って倒産したとしても、工務店で建てるのであれば他の工務店がメンテナンスが出来るような、そうした工法にして欲しいと思います。

その工務店にしか出来ない方法というのが時々あります。
どこかが発明した新しい工法でフランチャイズで入った場合がそうです。
そうなるとその工務店がなくなってしまうと、他の会社でメンテナンスをすることが非常に難しくなります。
ところが一般的な工法で建てられているとすれば、仮にその工務店が倒産したとしても、別の会社が面倒をみることができます。

では次に倒産しない工務店の探し方をお話ししましょう。
それは県庁に行く事です。県庁では土木部というところで、建設許可を取っているところの経営状態を閲覧できるところがあります。
それは県庁にいくとどこか分かりますので聞いてください。
無料で閲覧することができます。
そこへいってその会社がどの程度利益をあげているか、そしてどの程度の実績があるのか、そのことが書いてありますので、それを調べることによってその会社の信頼度がわかります。


おすすめコンテンツ