家づくりのヒント

本当に価値のある家ってどんな家?

本当に価値のある家ってどんな家?

家の価値について一緒に考えていきたいと思いますが、今回の内容は「日本の注文住宅の現状」についてです。
皆さんが毎日のように目にする日本の注文住宅、この日本の注文住宅が家の価値とどう関係している
のでしょうか。

まず始めにみなさんに知っておいて頂きたいこと、それは注文住宅の平均寿命についてです。
注文住宅の寿命、つまり注文住宅が価値のある家として存在していられる期間です。
では、日本の注文住宅の平均寿命は一体どれくらいなのでしょうか。
実は日本の現在の注文住宅の平均寿命は約30年です。
新築を建てて、約30年もしてしまうと、その家の価値はほぼゼロになってしまうのです。
例えば35年で注文住宅ローンを組んだ方は最後の5年間は価値のないものに支払っている
という形になってしまいます。

こんなことおかしいと思いませんか。
ところで、みなさんは海外の注文住宅の平均寿命をご存じでしょうか。
アメリカとイギリスについてみていきましょう。
アメリカの注文住宅平均寿命は55年で日本の約倍です。
イギリスの注文住宅平均寿命は77年で日本の注文住宅の2.5倍になっております。
更に欧米では100年以上も住み継がれる家は多く存在しております。

では、日本の注文住宅が30年で価値がなくなってしまうのは、どうしてでしょうか。
そして日本の注文住宅が価値を落とす理由は一体どこにあるのでしょうか。
それこそが日本の注文住宅の現状と大きく関わってきているのです。

現在の日本の注文住宅では高度経済成長期に、広まったある考え方が今も強く根付いています。
それは電気製品や車を買い替えるのと一緒で家も古くなったら建てかえればいいという考え方です。
もっと日本の注文住宅も長期寿命を考えて行かなければいけないと思います。