家づくりのヒント

木造軸組工法と2×4工法の特徴

木造軸組工法と2×4工法の特徴

木造軸組工法とは柱・梁・土台などの木の軸組(骨組み)で建物を支える木造軸組工法のことを言います。

日本従来の作り方です=在来工法

メリットは柱と梁で構成されている為、デザインや間取りの自由度が高く大きな空間や間口をつくりやすい、増改築が比較的容易です。
デメリットは大工の熟練度に左右されやすいことです。
2×4工法とは、面によって構造体を作る工法です。

はじめから床・壁・天井を面で作り、6面体で家を形にしていきます。
メリットは耐震性・気密・断熱性を確保しやすいし、技量に左右されにくいです。
デメリットは構造上、プランに制約がでる場合があり、増改築が難しいです。