ハウスメーカーの言いなりでいいの!?賢い住宅ローン金融機関の選び方

 

注文住宅購入を考えるに当り、資金計画は避ける事の出来ない必須項目です。

「広いお風呂の家が良いな!」

「やっぱり今の時代環境に優しいエコな家がいいよ!」

なんて、家づくりを考えるととってもワクワクドキドキしますよね。

自分が家づくりに使える予算を知る方法

ただ、話が進むにつれて必ず問題になるのが、理想と現実のギャップです。

思っていたよりもお金がかかってしまい計画を練り直さなくては・・・。

そうなると時間的なロスもありますが、精神的に大変になってきます。

ですので一番初めに資金計画をたてる事が重要になってきます。

家づくりにかかる費用は建物だけではありません。

土地から購入される方は土地費用。

塀や車の駐車スペース、カーポート等の外構工事費。

銀行などで注文住宅ローンを組まれる方は保証料や事務手数料など、その他引っ越し費用や家具の新調など様々なお金が必要になってきます。

 

そこで、自分がいくら家づくりに費用を使えるか、知っておくことが重要です。

 

基本的な予算の考え方は、

自己資金(頭金)
+
お祝い金(親や親族からの援助)
+
銀行からの借入金(注文住宅ローン)

だと思います。

 

複雑な住宅ローンのマジックに騙されてはいけない


その中で注文住宅ローン関しては様々な銀行や金利形態などがあり意外と銀行や建設会社の言いなりになっているケースが多いです。

銀行はもちろん自分の銀行の良い所をクローズアップしますし、他銀行の良い所はあまり言わないでしょう。

建設会社も同じで提携している銀行を勧めがちです。

そもそも注文住宅ローンを借りれる銀行は思いつくだけでもメガバンクと言われる大手の銀行から、
地域に根付いた地方銀行、最近では店舗を持たないネットバンクも注文住宅ローンを取り扱ってます。

この中から自分に最適な注文住宅ローンを選ぶのは至難の業です。

各銀行にはメリット・デメリットがあります。

金利は安いけど始めの保証料と手数料が高かったり、返済を繰り上げて返済期間や
月々の返済金額を減らす繰り上げ返済での手数料に差があったり、細かく見ていくとキリがありません。

 

ご家族の家族構成やスタイルにより有利・不利な銀行がありますので単純に金利だけに目を奪われて決めてしまうのは危険です。

そこで私が重宝したのが、一括で複数金融機関の注文住宅ローンへ申し込めるサイトです。

 

住宅本舗では、なかなか比較する事の出来ない全国の主要金融機関の実質金利を比べる事が可能です。

また各銀行が行ってる期間限定のキャンペーン情報などを知ることが出来ます。

それを参考に一括査定して申し込むことができ、時間的にも金銭的にも有利なローンを組むことが出来ます。

実際、選ぶ注文住宅ローンを間違ったことで、最終的に総支払額が何百万と差が出た知り合いもいますが、
そうならない為にもご家族に合った注文住宅ローンを住宅本舗を活用して選んでください。

 

また、周りにそんな後悔を話されている方がおられましたら、注文住宅ローンの借り換えも同じく一括申込ができるので教えてあげてください。

 

一括審査申し込みが可能な注文住宅ローンの審査申し込み

 

現在働く形態も様々になってきており、契約社員や派遣社員、転職される方も増えています。

そのなかで注文住宅ローンを組むことはとても難しいです。

注文住宅ローンを組む際、勤続年数や年収や雇用形態がとても重要になってきます。

「自分は駄目だろうなぁ。。」と諦めている方も結構おられるかと思います。

そんな方にも是非一度、住宅本舗を使ってみていただきたいと思います。

なぜなら、金融機関によっては可能な場合があるからです。

もちろん無料ですので、夢のマイホームの為にご活用下さい。

一括審査申し込みが可能!注文住宅ローンの審査おすすめサイトはこちら



↓注文住宅の計画を始めたばかりの人や間取りも作りたい!と言う方はこちらがおすすめ。↓