住まいの失敗例

大手住宅メーカーによくあるトラブル

大手住宅メーカーによくあるトラブル

大手の注文住宅メーカーは非常に有名ですから安心感がありますがトラブルもかなり多いです。
そのなかでも今日は特に多いトラブルを紹介します。

まずひとつめは大手注文住宅メーカーは明細の見積書をださない、ということがあります。
これは殆どの注文住宅メーカーがそうです。
わたしはこれは建設業法違反ではないか、と考えています。
なぜなら建設業法のなかには施主から明細見積りを提出するよう求められた時は、努力しなければならないということが求められています。
しかしそうした努力をしている業者は殆どいません。
その為になかでなにが使われているか、わからない状態で話が進んでしまいます。これは非常に大きな問題だとわたしは思います。

もう一点、それは何かと言うと金額が後からあがるということです。
大手注文住宅メーカーの家は簡単にいうと非常に高いです。
それはしょうがないと言えます。あれだけ大きな会社、そしてたくさんのコマーシャル、そして営業マンがたくさんいて給料も高いです。
そうしたお金を施主さんからもらう為にはやはり家の金額があがってしまう訳です。
ところが問題なのは注文住宅メーカーが初めから高いと言ってくれればいいのですが、それを言うとお客様が逃げてしまう為に、契約時には本体工事という名前で安い金額で契約したり、または充分な話し合いをせずに安い金額で話しをして施主さんの希望を聞いてあげていく。
そうしたやり方が横行しています。

その他もたくさんのトラブルがありますがここでは紹介することができません。
是非家を建てる時にはたくさんの業者がいます。
大手注文住宅メーカーや工務店、ローコスト系の会社、どれがいいという話しではありません。
良いとこと悪いところがありますからそれを見極めて、納得してから契約して頂きたいです。


おすすめコンテンツ