タウンライフ家づくり

【大阪市西区編】タウンライフ家づくり計画書を実際に依頼してみた体験談

「マイホームの購入を検討しているけどまずはどうすればいいのだろうか…」
「マイホームの計画書を依頼すると営業がしつこすぎて大変そう…」

マイホームの購入を検討するときは最初に何をやればいいのかわからなかったり、営業が怖かったりと多くの不安がついてきます。単価が高いものなので選ぶときは慎重に選んでいきたいですよね。

マイホームについて知ることを目的にタウンライフ家づくりに一度、計画書を依頼してみるのはどうでしょうか?

わからないことや不安はたくさんあると思うので、本記事ではタウンライフ家づくり計画書を実際に依頼してみた体験談をお伝えしていきます。

具体的には以下のような内容を紹介します。

  • タウンライフ家づくりに計画書を依頼するときの手順
  • 資料請求をした感想
  • メールや電話による営業はどうだったか
  • 資料はどれぐらいで届いたか
  • 届いた資料はどんな内容だったか

特に、いつかマイホームの購入を考えている方や既に検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

タウンライフ家づくりで資料請求するときの手順

まずは、タウンライフ家づくりで資料請求をするときの手順を画像を使って解説します。

タウンライフ家づくりは上の画像のようなホームページです。

早速、都道府県と市区町村を選択して家づくり計画書の作成依頼をスタートしましょう。

様々な希望を入力する画面になります。

世帯や住む人数、土地の大きさや水回りなど必須項目と任意の項目があるのでそれぞれ入力してください。

最後に詳細を文章で依頼できるようになってます。依頼の詳細をできるだけ詳しく書き、敷地図や土地図面も貼り付けると家づくり計画書の精度が高くなります。

今回は家の詳細などはほどんど決まっていなかったので、部屋の希望や用途を大まかに入力する程度にしておきました。

その後は以下の個人情報の入力が必要になります。

  • お名前
  • 年齢
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 建設予定地

すべて入力してから、個人情報の取り扱い規約に同意して会社選択画面に移ります。

資料請求完了までもう一息です。

私が入力した情報の場合、資料請求できるのは以下の4社でした。

  • タマホーム株式会社
  • パナソニック ホームズ株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 株式会社アキュラホーム

まとめて選択するか資料請求したい会社を選びましょう。

一番下の「オリジナル家づくり計画書を依頼する」というボタンを押すと資料請求完了です。

お疲れ様でした。

資料請求の感想

資料請求は簡単かつスムーズに終わらせることができました。

あまりマイホームについて決まっていない状態での資料請求だったので、「まだ決まっていない」という選択肢があったのは助かりました。逆に、マイホームの希望がある程度決まっている状態であれば、詳細に入力することで精度の高い家づくり計画書を依頼することができるでしょう。

「タウンライフ家づくり」による計画書はどの段階でも依頼しやすいので便利です。

申し込み後の連絡について

次に、資料請求を申し込んでからのメールや電話の頻度や内容をお伝えします。

申し込み後のメール

申し込み直後は以下の2通のメールがありました。

  • タウンライフ家づくりからの今後の流れを説明するメール
  • タマホーム株式会社からの資料請求の受付メール

申し込み1週間後には以下のメールがありました。

  • 住友不動産からの「住まい見学会」開催のお知らせ

1週間が経っても「パナソニック ホームズ株式会社」と「株式会社アキュラホーム」からのメール連絡はありませんでした。個人情報などの入力内容は届いているので、イベントやお得な情報があればその都度メールがあることが予想されます。

申し込み後の電話

資料請求をした4社とも申し込み後の営業電話はありませんでした。

対応はメールと資料の2つなので、電話が苦手な人やマイホームの詳細が決まっていない人でも資料請求がしやすくなっています。

届いた資料を紹介

資料請求から4日ほど経ってから佐川急便で「タマホーム 株式会社」からの資料が届きました。


資料の内容はタマホームの家の機能や具体的なプランなどの情報でした。家族でも一人でも家でじっくり検討できるようになってます。保証やタマホームの家づくりについても詳しく書かれていたので、会社を知るきっかけにもなるでしょう。

タマホームは長期優良住宅の認定条件以下4項目で最高等級を確保している会社です。

  • 耐震性
  • 省エネルギー性
  • 劣化耐性
  • 維持管理・更新の容易性

対応が丁寧でプランも豊富なので一度相談してみたい思いました。

はじめてマイホームについて考えるときは「何を質問すればいいのかわからない」、「何を決めればいいのかわからない」という状況に陥りがちです。会社から送られる資料を読むことで情報が得ることができ、やることが明確化されるので初心者の方には資料請求がおすすめです。


資料の中にはタマホームのモデルハウスを体験できるイベントの招待券も入っていました。

担当者の方の名刺が入っており、実際に連絡しやすいように工夫されています。手書きでの案内もされており丁寧でわかりやすかったです。

申し込み後の結果を表にまとめておきます。

会社名 資料請求後の対応
タマホーム株式会社 メールと資料での家づくり計画の案内。イベントの招待券。
パナソニック ホームズ株式会社 とくになし。
住友不動産株式会社 メールでのイベント内容告知。
株式会社アキュラホーム とくになし。

タウンライフ家づくりから資料請求してからの対応は会社によって様々でした。連絡がない会社もありましたが、資料請求できる会社として紹介されているので家づくりに対応できる可能性が高いです。

連絡があった会社の案内だけでな物足りない場合は連絡のなかった会社に自分から問い合わせてみてもいいでしょう。

【まとめ】タウンライフ家づくりで資料請求した結果

タウンライフ家づくりで資料請求してみた感想は以下の3つです。

  • 誰でも簡単に資料請求できる
  • しつこい営業電話やメールはなかった
  • 会社によって対応は違う

タウンライフ家づくりでは誰でも簡単に資料請求できます。入力項目は簡単な内容なので、マイホームについてあまり決まっていない方からマイホームのイメージがかなり出来上がっている方まで誰でも気軽に資料請求ができるようになっています。

また、マイホームを検討するときの不安要素であるしつこい営業はありませんでした。会社によって対応は様々ですが、電話はなくメールも必要最低限のものしか送られていません。

タウンライフ家づくりの家づくり計画書は誰でも簡単に依頼できます。マイホームについての悩みがあったり、会社選びをしている人は一度、資料請求を試してみるのはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

 タウンライフ家づくりで計画書を作成する