タウンライフ家づくり

【体験者が語る】タウンライフ家づくりの口コミ評判に賛否が分かれている理由と賢い利用方法

家を建てることは、人生で、何度も経験をすることではないので失敗をしたくないものです。しかし、どうすれば安心して信頼でできる注文住宅会社を探すことができるでしょうか?

現在、全国で建築事業者とされている会社は約15万社にのぼります。
地域によっての違いがあるもののたくさんのハウスメーカさーんや工務店さんがあるんです。その中で、満足のいく家を建てることができる会社を探すことになります。

そのために、情報収集をしはじめます。ネットや人づてに聞いた情報を元にいろいろなハウスメーカーさんに出向いて、話をして数社の提案を比較していく。想像しただけでも大変です。

小さな子供がいたりすると、集中して話を聞くこともなかなかできませんし、スケジュールも制限されてしまうことがあります。

そういった中で、簡単に資料を集めることができるサービスは便利です。ネット上で調べてみてもいくつか提供されている資料の一括請求サービスです。

有名なところで行くと、「タウンライフ家づくり」、LIFULL HOME’S」、「スーモ」などがあります。

私は、タウンライフ家づくりのサービスを利用して、同じスペックなのに290万円も得をしました。

あわせて読みたい
私が290万円もお得に建てた裏技を公開!タウンライフ家づくりが人気の5つの理由本当に、そのハウスメーカーで大丈夫ですか!? 2970万円 → 2680万円 これは私がマイホームを建てる時に、同じスペック...

 

ただし、「タウンライフ家づくり 口コミ」や「タウンライフ家づくり 評判」などで検索すると、あまり良くないと言った口コミや評判などが目につくようです。

実際にタウンライフ家づくりを利用して夢のマイホームを建てた私の目線で、タウンライフ家づくりのサービスに対しなぜ口コミで賛否が分かれているのか、賢い使い方はどうすればよいのか。などを実際の口コミや、私以外に利用した方の話も含めて、検証していきたいと思います。

 

タウンライフ家づくりはこんなサービス!

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりは、家づくりの計画を進めていく上で必要になる「間取り図」「資金計画書」「土地探しサポート」一括で数社のハウスメーカーさんや工務店さんに依頼ができるサービスです。

登録は簡単で、5分ほどの時間があれば入力ができます。完全無料で利用ができるのも大きなメリットです。自宅にいながら、複数のハウスメーカーさんや工務店さんの間取り図や資金計画書がもらえます。

登録内容は、現時点での希望や要望と予定している予算を入力します。その予算のなかで、要望を盛り込んだを間取り図や資金計画書を提案してもらえるサービス。

家を建てる時には、いろいろな間取りを見ておくとイメージがより鮮明になり具体性が増していきます。今は、気づいていない希望や要望が出てくることもあります。より具体的に確認したい部分を明確するためにも活用できます。

タウンライフ家づくりで計画書を作成する

タウンライフ家づくりを利用するメリット

家づくり計画書がもらえるのはタウンライフ家づくりだけ

タウンライフ LIFULL HOME’S スーモ
カタログ
資金計画書 × ×
間取りプラン × ×
土地探し × ×

タウンライフ家づくりが他の資料請求サイトと違うのは、家づくり計画における資金計画書、間取りプラン、土地探しサポートまで無料で対応してもらえる点です。

間取り図や資金計画書を比較できる

いくつかのハウスメーカーさんや工務店さんの間取り図・資金計画書がもらえることで比較しながら、イメージをしていくこともできます。

間取り図はラフなプランになることが基本的には多いそうですが、比較をしていくことでハウスメーカーさんや工務店さんを選ぶこともできますし、より明確な要望や「できればもっとこうしたいけど」などが明確になっていきます。

また、資金計画書は、ハウスメーカーさんや工務店さんによって内訳や項目が違うことが一般的です。内訳や項目を大まかに把握しておくことで、家を建てる時にどこの部分に、どれだけのお金がかかるのかがわかります。理解をしておくと節約を考える際の参考になります。

そして、資金計画書は登録時に記入をした予算の範囲で作ってくれますので、比較をすることで内訳の中でコストカットができそうな部分を把握し、打ち合わせの時に確認することもできます。

そういった不明な点もはっきりするので、この家づくり計画書をきっかけに家づくりに関する知識を深めていくことができます。

依頼をした注文住宅会社に行きやすくなる

どうしても、住宅展示場などには「営業をかけられるのでは?」であったり「まだ、全然知識がないために無駄足になりそう。」など不安が付きまとい、足が向きづらくなります。

しかし、間取り図や資金計画書を依頼していれば、話をする土台は出来上がっている状態になりますので、安心して住宅展示場に向かうことができます。間取り図の依頼時に、担当者さんがついてくれることもあります。担当者さんに一度、話が通じていれば無駄がなく話を進めていくこともできます。

また、大手のハウスメーカーなどの住宅展示場に足を運ぶ時には、それほど行くことに抵抗がなくても、住宅展示場がない会社や工務店さんとの打ち合わせに足を運ぶのは少し勇気が入ります。資料を依頼しておけば、その不安も解消されます。

より具体的に家づくりをイメージできるようになる

間取り図を見ることで、イメージがしやすくなります。漠然とした要望が具体的に間取り図になってくると「イメージと違うな」であったり「もっとこうしたい」などが出てくると思います。

複数の間取り図を見比べてみると、違いがあることが多いですが、その中で自分のイメージに近いものを選べますし、「こんな風にできないかな?」とイメージを膨らませることもできます。

資金計画書も同様に、内訳や項目の違いを大まかに把握をして、お金をかける場所と抑える場所を明確にすることができます。資金計画の練り直しにも活用できるので、家を建てた後の支払いの部分についてもイメージができます。

家づくりに関わる気になることも洗い出すことができるのは、理想の家づくりに近づけることに良い効果があります。

業者に必要以上の利益を取らせない

これは単純なことですが、相見積をとることによって以下のメリットがあります。

相見積のメリット

・より安く注文住宅が建てられる
・最初から業者を1社に決めていたとしても、必要以上の利益を取られないような予防にもなる。
・複数の工務店の提案を聞くことで、自分が本当に建てたい家が見えてくる。

全く同じスペックでも相見積をとるのととらないのとでは価格がちがうんです。

タウンライフ家づくりを利用するデメリット

利用によってのデメリットは、一括請求ができますが対応はハウスメーカーさんや工務店さんが行うことになります。そのため、良い対応を受けられることを期待してしまいますが、一律で決まった対応を必ず受けられるかというと難しい部分があります。そのため、満足いく対応が受けられないケースも考えられます。

また、登録時に記入する内容によっては間取り図・資金計画書が曖昧なものになり参考にもできないなどということも考えらます。

タウンライフ家づくりはどんな人にお勧めなのか?

メリット・デメリットから、利用すると満足できる方をまとめてみます。

家づくりについて何から手をつけていいかわからない方

家づくりの初期の段階になります。依頼をする段階で決まっている内容を記入します。間取りについての要望や予算、土地についての情報を記入します。この時点でも、今の状況を整理することができます。さらに、予算内で要望がしっかりと実現できるのかどうかなどを知ることができます。

初期の段階は知識がないため、漠然と軽い気持ちで依頼をしてしまうこともあるとおもいます。しかし、その状態では、間取り図や資金計画書が作成できないことがあります。情報が足らないこともあありますので、依頼後の電話でのヒアリングやメールでの連絡にきちんと対応することがポイントになります。

この点は、作成をする側(ハウスメーカーさんなど)の立場で考えると、確認や把握しておかないと正確な間取り図が作成できない場合があります。事前にその点を理解しておくと、嫌な思いをすることは減ります。

いろいろな注文住宅会社の計画を比較検討したい方

メリットにもある、比較検討をしたい人には手軽で簡単なサービスとなります。間取り図・資金計画書を自宅にいながら、比較検討ができるサービスは他にはないため効果的に活用することができると思います。

家づくりについての具体的な計画を決めていきたい方

住宅展示場などを回ってみてもイマイチ決めかねている方には、自分が行くことができないハウスメーカーさんなどに一度依頼してみることをおすすめします。

もしかすると、今まで行ったハウスメーカーさんとは違った提案を受けることができるかもしれませんし、資金計画に関しても予算を抑えられるハウスメーカーさんや工務店さんがあるかもしれません。

どこの注文住宅会社に頼んで良いものか決めかねている方

実際に、ハウスメーカーの住宅展示場などに足を運んでみてはいるものの具体的な話に進んでいない方にもおすすめです。具体的な条件で、依頼をしてみてより良い提案を受けることができたところに決めることがおすすめです。

目的を明確にして、依頼をすることで目的に応じた情報を得ることができます。

タウンライフ家づくりで計画書を作成する

評判・口コミまとめ

タウンライフ家づくりの口コミや評判を調べてみると、良い評判と悪い口コミを見ることができます。

良い口コミ

良い評判では、利用した人の利用した時のポイントなども書かれているものがあります。こちらが、満足いく結果を得られた評判でした。

私はタウンライフ家作りからコンタクトをとってきた工務店と契約し、まもなく竣工です。 利用して良かったです。 ポイントは備考欄に山ほど要望を書いたことです。 それでもやれる、と思ったハウスメーカー、工務店しかアポを取ってこなかったので ふるいにかけられた感じですね

引用:e戸建

要望をしっかりと書いたことが良い結果につながったそうです。ハウスメーカーさんや工務店さんの中にもフォローができることやできないことがあります。登録をしてみて、反応を見るというスタンスで利用するのも良いかもしれません。

出来るだけ、多くのハウスメーカーさんや工務店さんの資料が欲しい場合には、要望や希望条件を明確に記入することと、依頼後の電話での対応などをしっかりとすることも大切になります。

また、依頼時に疑問点も書き込んでおくことをおすすめします。そういった点に答えてくれるハウスメーカーさんは最後までしっかりと対応してくれます。

悪い口コミ

一方、悪い口コミの代表的なものはこちらです。

戸建を考えており、ある程度土地も目途がついた(建てたい住宅会社が決まっていて、その営業さんに土地を探してもらった)状態で、これから一番労力を使うであろう間取りについて同じ条件で、いろんな会社の間取りを見てみたい、その中で自分の気がつかなかった間取りを提案してくれるところもあるだろうし…という軽い気持ちで利用しました。 私の地域だと、以前土地情報などを聞きに行った工務店も入っていて情報を登録していたからなのか、そちらの営業さんから2日後くらいに電話。仕事中の為出られないでいると、SMSが届いていました。 その後も何件かの会社から電話連絡があり、展示場にきてください、とか、カタログだけでもお渡ししたいので玄関先でご挨拶だけでもできませんか、などなど。 カタログはいらない、間取り図がほしいんだ!と思いました。 建てる住宅会社が決まっていると言えば間取り図もらえなさそうで、やんわりと仕事で自宅に帰る時間も遅いし、小さい子供もいるため展示場に行ってもゆっくり話聞けないし、帰ってからもバタバタで時間がない、とお断りしましたが… やはり、ネットで依頼しただけで間取り図ポンとくれるところなんてないんだな、と実感しました。

引用:e戸建

少し長いのですが、もう建てる住宅会社さんが決まっている状態での依頼だったようです。間取り図の作成についてのヒアリングではなく、営業として、住宅展示場へ誘導されたり、自宅訪問を打診されたりと的外れな対応を受けたそうです。

もし、電話や自宅訪問などを必ず避けたい場合は備考欄に記入しておくことをお勧めします。現在は、しつこい営業は嫌われる風潮があるので、あえてやるような企業は少ないと考えられますが、地域によって、また企業によっては現在もしつこい営業をするハウスメーカーさんもあるかもしれません。

記入をしておくことで避けられるのであれば、しっかりと記入しておきたいところです。

全く意味ないです。 一括で間取りの提案から見積もりまで簡単に出来ますなんていってますが、全くの嘘。 連絡が来ないところもあれば、途中から連絡がなくなる会社もあります。 1、2軒ちゃんと依頼に答えてくれた会社があったのが救いでしたが、軒数としては想像からはかけ離れていました。 ウチは建て替えかリフォームで悩んでいたので、リフォームで同じようなホームプロというサイトを利用しましたがこちらはかなりまともです。 やはり登録業者が大手だからかもしれません。 結論は時間の無駄なのでおすすめしません。

引用:e戸建

依頼をかけたけど、対応をしてくれる会社が少なかったという口コミ。実際には、起こることもあります。よくあるケースとしては、予算と希望や要望がかけ離れているなどの場合は、冷やかしと捉えられて対応が雑になります。現実的な視点をもって記入をすると手間も省けます。

入力の際には、必要なことをしっかりと記入しておくことで回避できると思います。要望や希望が、多くなってしまう場合は優先順位を明確にしておくと円滑に行きます。

また、途中から連絡がなくなるなどのケースの場合、悪質だと感じた時には、タウンライフ家づくりに連絡をいれることをおすすめします。

内容によっては、タウンライフ家づくりの方からハウスメーカーさんなどに連絡を入れてくれることもありますので、その点では安心できると思います。

嫌な思いをしないためには

タウンライフ家づくりを利用してみたいけど、嫌な思いはしたくないな。。。

そんな方のために、どのように利用するのが良いか解説します。

利用前にしっかりと準備をしておくことで、余計に嫌な思いをすることなくサービスを使うことができます。

とは言っても、条件(予算や土地があるのであれば、その情報など)を明確にしておくことと、要望や希望(可能であれば、優先順位なども記入する)を洗い出しておくことだけなので、依頼時に持っている情報を整理しておけば大丈夫です。

営業についても考えておく必要があります。電話でのヒアリングなどを受けたくないのか、もしくはより具体的なものが欲しいので対応することにするのかなど、記入する時に必要となるのではっきりさせておいた方が良いと思います。

電話でのアポイントやヒアリングを受けても良い場合は、繋がりやすい時間帯や避けて欲しい時間帯なども書き出しておくと良いです。

あくまでも、家づくり計画書の依頼だけでなく、その後を見据えておくことがスムーズに進める方法です。資料だけをもらって終わりではもったいないと思います。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
私が290万円もお得に建てた裏技を公開!タウンライフ家づくりが人気の5つの理由本当に、そのハウスメーカーで大丈夫ですか!? 2970万円 → 2680万円 これは私がマイホームを建てる時に、同じスペック...

まとめ

タウンライフ家づくりのサービスを紹介しました。評判や口コミをみると、やはり悪い評判の方が目立つように思います。

タウンライフ家づくりは、実際に足を運ぶ手間を省けることや対面しなくていい所が一番のメリットです。忙しい方や小さなお子さんがいる方や営業されるのが苦手な方にはとても便利なサービスだと思います。

公式サイトでは良いことばかりを並べているけれども、実際には資料が届かないなどの対応の悪さを指摘しているものも実際あります。タウンライフ家づくりは、仲介のサービスである以上仕方がないですが、利用する上では失敗はしたくないものです。

その点、実際に利用をしてしっかりとした間取り図や資金計画書を手に入れて参考にしている人が大勢いるのも事実です。私もその一人ですし、実際に得をして大満足のマイホームを手に入れました。

その人たちに共通するのは、

タウンライフ家づくりを上手く利用する方法

・ある程度目的をはっきりさせていること

・現在の情報をしっかりと整理して記入をしていること

・営業などへの対応もハッキリ記入していること

があげられます。

これだけのことをしておくことで、家づくりの計画の参考にすることができる資料を得ることができるのであれば、実際に足を運ぶことに比べると楽なのではないかなと思います。

そして何よりも私が考えるタウンライフ家づくり究極のポイントはこちらです。

タウンライフ家づくりのポイント

・完全に無料
・お断り自由
・入力はわずか3分

タウンライフ家づくりを使って無料で家づくり計画書をもらって、納得できる注文住宅会社がなければ、断っちゃえばいいんです!(笑)

住宅展示場での滞在時間や移動時間などを考えれば、時間の節約にもつながります。期間を設けていたとしても無駄に足を運ぶようなことは避けた方が良いです。

大きな買い物になる家ですから、あれこれ楽しみながら進めて行けるようにうまく活用してみてください。

タウンライフ家づくりで計画書を作成する